読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲマリエ1000

ゲーム/マンガ/切り絵のブログ <ゲ・マ・り絵>

【広告】

MENU

【背すじをピンと!】フツーの高校生が主人公の競技ダンス部活漫画 ついに最終回

<グループ用カテゴリー>マンガ おすすめコミックス

f:id:seashow-kirie:20170214144257p:plain

週刊少年ジャンプで連載していた競技ダンス部の漫画

「背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜」

 

今週、最終回を迎えました。

大きな大会が終わって、急に2年後に話が飛んだのが数週間前。

巷では「打ち切りの流れだ」と噂になり、私も覚悟してきましたが、いざ終わるとなると寂しいものです。

 

しかし、考えてみれば全10巻という長さは、この作品にとっては丁度良い長さだったようにも思えます。

 

競技ダンス

競技ダンスの漫画といえば、月刊マガジンで連載中の「ボールルームへようこそ」が非常に人気です。

ガチンコの競技ダンスプレイヤー達が切磋琢磨し、才能ある主人公(素人)が成長していく様をシリアスに描く作品、実に面白い

 

↓コミックス版

ボールルームへようこそ(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
竹内 友
講談社 (2012-05-17)
売り上げランキング: 23,414

背すじをピン!と(以下、背すピン)はこれとは違い「部活としての競技ダンス」を描きました。

主人公が素人であることは同じですが全く才能がありません!

パートナーの女の子も全く才能がありません!

それどころかアガリ症です!

 

幼少から競技ダンスを続けてきた三年生の先輩(トッププレイヤー)、高校から始めてプロを目指すようになった二年生の先輩(才能あるプレイヤー)、他校の超優秀なプレイヤー達に囲まれながら、楽しく競技ダンス部を続けていく平凡な主人公。

 

楽しく、とは言っても適当にやるわけではありません。

様々な大会に出場し、目標を持って、懸命に努力します。

結果は、地方の大会では決勝に行ったことがある、全国大会では万年予選敗退。

 

しかし、それこそが世の中にいるほとんどの高校生の「普通」ではないでしょうか。

 

スーパーマンではなく、普通の人の部活。

才能がなくても競技ダンスは楽しい。

そんな心温まる作品です。

 

↓コミックス版

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 1 (ジャンプコミックス)
横田 卓馬
集英社 (2015-11-04)
売り上げランキング: 51,791
[まとめ買い] 背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~(ジャンプコミックスDIGITAL)

「ボールルームへようこそ」を読むと、競技ダンスはストイックで格好イイけど難しいスポーツのように見えます。

「背すじをピン!と」を読むと、競技ダンスは下手でも楽しめる誰でもいつでも挑戦できるスポーツのように見えます。

 

どちらも名作ですので、片方しか読んだことのない人は是非もう一方も読んでみて下さい。

 

 

どっちも読んでるぜ!って仲間は押してって

ポチ(。・・)σ