ゲマリエ1000

ゲーム/マンガ/切り絵のブログ <ゲ・マ・り絵>

【広告】

MENU

【新連載漫画】テセウスの船/東元俊哉 @週刊モーニング30号

表紙

モーニングの新連載「テセウスの船」はクライム・サスペンス!!

 

東元俊哉先生

ヤクザ、風俗、ハードボイルド、といったズッシリした作品を多く手掛けている作家です。

 

野良をつく 1
野良をつく 1
posted with amazlet at 17.06.22
日本文芸社 (2016-01-18)

今回の作品も犯罪ものですが、どちらかというと陰謀系です。

 

テセウスの船

そもそもテセウスの船とは、パラドックスの1つです。

船の傷んだところを修理して部品を交換する。長い年月を経て、最終的に全ての部品が新しい部品の交換された時、その船は修理する前の船と同じ船だと言えるのか、というジレンマのことです。

 

題名になっているくらいですから、物語の本質に大きく関わるキーワードなのだと思いますが、第1話の時点では全く分かりません。

 

さあ、それでは第1話のあらすじです。

-------------------------簡単なあらすじ-------------------------------------------------

 

主人公は田村心。父は児童を含む21人を殺害した大量殺人鬼・佐野文吾。

加害者遺族として彼が生きてきた人生は決して明るいものではありませんでした。

逃げるように転居を続け、ようやく生活も落ち着いた心は最愛の人、由紀と結婚。

新しい命も授かります。

しかし、由紀は出産と同時に命を落としてしまいます。

由紀の遺品には、犯罪者で父の事件を調べたノートが。

そこには父が冤罪である可能性が記されていたのです。

由紀の遺した愛娘、未来のためにも、真実を求めることを誓った心は、事件のあった場所を訪れ、深い霧に包まれます。

そして辿り着いたところは、なんと過去・・・

------------------------------------------------------------------------------------------------

 

全然簡単じゃなかったですね。

クライム・サスペンスに時間移動を絡めた作品となると、どうしても「僕だけがいない街」を連想してしまいます。

 

まあ、本作はタイムリープではなくタイムトラベル(スリップ)なので、全然別物だとも言えますが。

 

こういう作品は5巻前後で完結しそう

ポチ(。・・)σ 

 

【新連載漫画】TAMATA/茅ヶ崎麻 @週刊ヤングジャンプ30号

ヤングジャンプの新連載は「TAMATA」

同雑誌の読み切り連弾「シンマンGPseason2」で最多得票を獲得した作品が連載となって帰ってきました。

 

茅ヶ崎麻先生

新人の先生です。

Twitterアカウントがありました。

しばらく潜るそうです。。。

Twitter見ているとついついエゴサして、結果凹むパターンは有りがちですからね。

 

TAMATA

正直、あまりインパクトは無かったですねえ。。。

とりあえず、1話のあらすじです。

 

-------------------------簡単なあらすじ-------------------------------------------------

 

頼田書男(らいた かくお)はクビ寸前の雑誌ライター。

そんな彼が出会ったのは道端でカツアゲをするメイド・田俣澄(たまた すみ)だった。

そのまま彼女の店である喫茶店に連れていかれ、カツアゲは誤解(無銭飲食の客を追いかけて金を払わせていた)だと説明を受けるも、同時に自分のことを記事にするよう迫られる。

そんな記事を書いたらクビになると思った頼田はその場を逃げ出すが、どうやら店に商売道具のボイスレコーダーを忘れたらしく、もう一度店を訪れることに・・・。

------------------------------------------------------------------------------------------------

 

メイドの格好をした喫茶店の店主が主人公で、そのちょっと変わった性格が漫画の押しです。

自分が曲げたくないところは絶対に曲げず、立場が上の相手にも臆せず相対する様を描きたいのだということは分かりますが、あまりスッキリしない展開なのが残念です。

 

今回の敵役は店の大家で、ほんとクソみたいな奴なんですが、結局のところオチまで読んでも懲悪展開にはなっていないのが、モヤモヤします。

 

今週号で「妖怪少女 -モンスガ-」が最終回を迎えたことを考えると、全然釣り合わないIN-OUTだなあ、というのが正直な感想です。。。

 

あのクソ大家が痛い目をみる展開を期待したのに・・・

ポチ(。・・)σ 

【アナザーエデン(アナデン)】プレイ日記その28「死闘 ミグランス城は燃えているか?」【ストーリー ネタバレ有り】

f:id:seashow-kirie:20170618225615p:plain

【注意事項】

本記事はストーリー記録を目的としたプレイ日記であり、ゲーム攻略を目的としたものではありません。

従って、記事内にはゲームのネタバレがふんだんに盛り込まれております。

 

以下に該当する方は別のページへ移動されることをお勧めします。

  • これからアナデンをプレイするつもりの人
  • アナデンの攻略情報をお求めの人
  • 個人の主義・主張でネタバレが大嫌いな人

それでは、続きをどうぞ。

>>最初から読みたい人はコチラへどうぞ<<

続きを読む