読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲマリエ1000

ゲーム/マンガ/切り絵のブログ <ゲ・マ・り絵>

【広告】

MENU

【サガ スカーレット グレイス】レオナルド編 その8「緋の都の娘」【ストーリー ネタバレ有り】

f:id:seashow-kirie:20170127011629j:plain

【注意事項】

本記事はストーリー記録を目的としたプレイ日記であり、ゲーム攻略を目的としたものではありません。

従って、記事内にはゲームのネタバレがふんだんに盛り込まれております。

 

以下に該当する方は別のページへ移動されることをお勧めします。

  • これからサガスカをプレイするつもりの人
  • サガスカの攻略情報をお求めの人
  • 個人の主義・主張でネタバレが大嫌いな人

↓1.26発売 「サガ スカーレットグレイス 公式設定資料+攻略ガイド 緋の天啓」レビュー書きました 

kirie1000.hatenablog.com

 

それでは、続きをどうぞ。

>>最初から読みたい人はコチラへどうぞ<<

>>ウルピナ編はコチラ<<

 

嬢「ようやくアスワカンに近づいたわね。早くいきましょう」

農「ここにも「緋の欠片」があるかもな」

嬢「また探すの?まあ、いいけど。好きにしたら」

 

捨て子

テスティカの前に赤ん坊が捨てられています。

辺りに、緋の欠片は見当たりません。

 

f:id:seashow-kirie:20170127012553j:plain

嬢「この子が握りしめてるんじゃない、レオみたいに」

そんな訳あるか、と思いつつ、念のため確かめましたが、緋の欠片は持っていませんでした。

 

嬢「ケケッ、確かめてやんの」

 

蹴飛ばしてやりたい。

 

アイ・ハヌムのおとぎ話

放っておくわけにもいかないので、赤ん坊を抱いたまま「アイ・ハヌム」について聞き込みをします。

 

いつもはバカにされるか、呆れられるか、ですが、今日は話す人がみんな楽しそうに「アイ・ハヌム」のおとぎ話を聞かせてくれます。

 

赤ん坊に話して聞かせてくれているつもりなのでしょう。

しかし、おとぎ話はおとぎ話。「アイ・ハヌム」の場所は分かりません。

 

帝国三等書記官フランシス

この州には魔物に囲まれた小屋があります。

魔物を蹴散らして小屋に入ると、サングラスの男がいました。

レオナルド達が向かっている帝国図書館の三等書記らしい。

 

f:id:seashow-kirie:20170127013402j:plain

農「赤い石のことを何か知っているのか?」

三書「「緋の欠片」のことだな。私は、まだ見ていない。それより、その赤ん坊、ここへ置いて行かないか」

嬢「あんたが親なの?」

三書「その子はファイアブリンガーの生まれ変わりだ。私が育てて研究する」

農「面白い話だが、その気はない」

三書「「緋の欠片」が欲しいなら、譲ってやろう。間もなく手に入るはずだ」

農「話はその時だ。邪魔したな」

 

イカれた奴ですが、嘘は言っていないようです。

だからこそ、サングラス野郎にはこの子を渡すことはできません。

 

アスワカン

情報収集が行き詰ったので、とりあえずアスワカンへ向かってみます。

テスティカからアスワカンへと渡り、帝国図書館へ移動した二人。

アスワカンでも大地の蛇と遭遇してしまいました。

 

嬢「もうなんなの!」

農「リサの事が好きなんだろう、あいつ」

 

f:id:seashow-kirie:20170127014123j:plain

まあ、いつも通りぶっ飛ばしておきました。

 

嬢「もう二度と出ないでよ。夢に出そうだわ」

農「意外と薬の材料になったりするかもな」

嬢「そんな薬、絶対飲まない!死んだ方がマシよ」

 

帝国図書館

そんなこんなで帝国図書館に着きました。

帝国図書館員のお姉さんに「アイ・ハヌム」について聞くと、絵本を渡されました。

 

そのくだりはもう結構前に終わったんで

 

しかし、他に読める本は無いそうです。

 

農「帝国の知識のすべてが残されていると聞いてきたんだが、そうでもないのか」

図「ちょっと待って。あなたに読める本がない、って言っただけでしょう」

 

f:id:seashow-kirie:20170127093323j:plain

どうやら「アイ・ハヌム」に関する情報は古代石版に頼るしかないようです。

そして図書館員のお姉さんのお仕事は、これを読み、書き写すこと。

 

直接お姉さんに聞いてみたところ、「アイ・ハヌム」にの場所を記した石版は見たことがないけど、帝国以外の場所にあるのは間違いないから、北東界外を調べてみろ、とのこと。

 

さあ、次は北東界外です。

 

嬢「本当に行くの?もういいでしょう。なんで、そこまでしなきゃならないの?」

農「リサ、俺はやるって決めたんだ。だから最後までやる」

嬢「全然、大人じゃないじゃん。適当に、要領良くやるのが大人でしょう。大人に成りなよ。自分でそう言ったじゃない」

農「じいさんの背中は、畑仕事をやる誇りに満ちていた。だから、俺は畑仕事をやる気になった。俺もああいう背中になりたい。俺の言っている大人っていうのは、そういう人間のことだ。だから、途中で投げ出すようじゃダメなんだ

 

レオナルドストーリー、ここまでの中で一番良いセリフ出ましたね。

サボリーマンには耳が痛いです。。。

 

緋の欠片を追って

さて、グラディオン州に戻ったら、また赤ん坊を抱えながら情報収集です。

「アイ・ハヌム」について聞いても、みんなおとぎ話をするだけなので、次は緋の欠片について聞いてみることにしました。

 

聞いて回ったところ、サンハイの街で有力情報をGET!

商人のお姉さんが赤い石を神官に売ったそうです。

 

この州で神官といえば、アダマス星読台かビフキマリガン。

買ったのはアダマス神官でした。

どうやら鉱山で鉱脈を探すのに使っているそうなので向かうと、鉱山は山賊に襲撃を受けていました。

 

中に入って山賊は撃退したものの緋の欠片は行方知れず。。。

 

誰が緋の欠片を持ち去ったのか。またイチから当たり直しです。

片っ端から当たり、双角城西側(廃墟)にいた山賊を締めたところ、ついに吐きました。

 

「森の小屋に持って行ったんだ」

 

あのサングラス野郎か

 

だが断る

f:id:seashow-kirie:20170127095650j:plain

三書「やっと来たね。「緋の欠片」はここにある。赤ん坊を置いて行きたまえ」

 

この上から目線。腹立たしい限りです。

 

農「(赤ん坊の面倒を見るメリットはないし、赤ん坊を渡すだけで「緋の欠片」を無償で貰えるなんて破格の条件だな、だが)断る

三書「君にとって「緋の欠片」は、とても大切なものだと思っていたのだが」

農「「緋の欠片」はもらう」

三書「君は「緋の欠片」を僕から強奪するつもり、ということだね?」

農「分かってるなら話が早い」

三書「そう簡単に」

 

f:id:seashow-kirie:20170127100342j:plain f:id:seashow-kirie:20170127100318j:plain

簡単に倒せました。

緋の欠片も強奪しました。

 

三書「赤ん坊は、置いていけ。その方が君のためだ」

嬢「ご忠告、痛み入ります。さよなら」

聞く気は全くありません。

 

スカーレット

f:id:seashow-kirie:20170127100834j:plain

小屋を出ると赤ん坊の叔母を名乗る女性が現れました。

妹が病気で亡くなった後、心無い大人達の間を転々とした結果、グラディオン州に捨てられたそうです。

 

女性に赤ん坊を渡すと、嬉しそうに笑いました。

 

農「あんたら、「アイ・ハヌム」のことを何か知らないか?」

叔母「そこは「緋の都」と呼ばれていたそうです。この子の名前は、そこから採ったのだとか」

 

農「「緋の都」の娘か」

 

サングラス野郎がいなくなった森の小屋に行くと、

休憩して夜のグラディオン州を散策出来るようになります。

が、メインストーリーには関係ないので割愛。

 

北東界外を目指し出発です。

 

↓私も買った限定盤!残数わずか!!(もう無いときはゴメンネ)

↓イトケンさんのBGMは最高!!

サガ スカーレット グレイス オリジナル・サウンドトラック
ゲーム ミュージック
スクウェア・エニックス (2016-12-21)
売り上げランキング: 346

↓難解な設定を徹底解説!ついに発売!!

サガ スカーレット グレイス 公式設定資料+攻略ガイド 緋の天啓 (SE-MOOK)

kirie1000.hatenablog.com

 

はっち、ぽっち、すてーしょん

ポチ(。・・)σ