読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲマリエ1000

ゲーム/マンガ/切り絵のブログ <ゲ・マ・り絵>

【広告】

MENU

【サガ スカーレット グレイス】ウルピナ編 その22「イムホキエルダム決壊」【ストーリー ネタバレ有り】

f:id:seashow-kirie:20170114153535j:plain

【注意事項】

本記事はストーリー記録を目的としたプレイ日記であり、ゲーム攻略を目的としたものではありません。

従って、記事内にはゲームのネタバレがふんだんに盛り込まれております。

 

以下に該当する方は別のページへ移動されることをお勧めします。

  • これからサガスカをプレイするつもりの人
  • サガスカの攻略情報をお求めの人
  • 個人の主義・主張でネタバレが大嫌いな人

↓1.26発売 「サガ スカーレットグレイス 公式設定資料+攻略ガイド 緋の天啓」レビュー書きました 

kirie1000.hatenablog.com

それでは、続きをどうぞ。

>>最初から読みたい人はコチラへどうぞ<<

 

サンドリア州で不死鳥が立ち寄ったのはイムホキエルダムでした。

 

イムホキエルダム

姫「ダムが壊れないか心配だわ」

爺「まさか。イムホキエルダムですぞ」

姫「帝国崩壊から、まさかばかりが起きているわ」

 

イムホキエルダム―星神イムホキエルが作ったと言われる巨大なダム。

ダムが壊れないか心配するウルピナ姫をモンド爺は笑い飛ばします。

 

ダムへ向かうとすでにイラクリオス家の兵が集まっていました。

目的は間違いなく不死鳥の遺品。

イラクリオス家と事を構えるのは避けてしばらく様子を見ます。

 

f:id:seashow-kirie:20170114154916j:plain

急に戦闘が始まりました。

どうやら、イラクリオス家の兵に襲いかかった一団がいる模様。

どさくさに紛れて、姫はダムに潜り込みます。

 

決壊

ダムの中を探索していると、内部で大きな振動が発生。

先に入り込んだ何者かが、強力な魔法を行使したようです。

そしてついに!ダムが決壊しました。

決壊したダムの水はサッカラの街を直撃。

全てを流してしまいました。

 

f:id:seashow-kirie:20170114155802j:plain

奥になにか建物が見えます。

ダムに沈んでいたのでしょうか。

 

f:id:seashow-kirie:20170114160112j:plain

モンド爺の予測では、この都市の名はサッカラ。

先ほど流された街の名前と同じです。

 

サッカラとは偽皇帝の都。

都がダムに沈められた後、新しく作った街が今のサッカラということでしょう。

 

いわば、こちらこそが真・サッカラなのです。

 

エイディル再び

f:id:seashow-kirie:20170114160529j:plain

姫「エイディル!ここで何をしているの?ダムを破壊したのは、あなたなの!」

王「お前こそ、ここで何をしている。いや、今はそれはどうでもいい。私に手を貸せ。この町の秘密すべてを、共に手に入れよう」

姫「イムホキエル神がダム湖の底に沈めた偽皇帝の街。そんな物がここにあっていいはずがない。この町は、いえ、誰も住んでいない廃墟は破壊します。モンド、火を掛けるわよ。準備して」

王「バカなことを。この都には力がある。お前も感じるだろう。その力があれば、偽皇帝のように世界を支配できる」

姫「あなたは、偽物になってでも世界を支配したいの?何のために?世界が一つになって平和になれば、それは素晴らしいことだけれど、それはあなたの仕事じゃない。偽皇帝の力を使おうだなんて、そんな人には任せられないわ」

王「やはりユラニウス家は、滅ぼしておくべきだったか!」

 

偽皇帝の錫杖

エイディルを撃退した後、都を捜索すると不思議な力を持つ錫杖を見つけました。

 

f:id:seashow-kirie:20170114161612p:plain

姫「これが、偽皇帝の力の源。これがあれば、私も世界を・・・」

爺「姫!」

姫「モンド。私ったら、エイディルと同じ道を」

 

どうやら、危険な力を帯びた錫杖のようです。

他の人がこの力に囚われる前に全て焼き払いましょう。

 

f:id:seashow-kirie:20170114162950j:plain

 

イレーネ

サンドリア州はイラクリオス家の領地。

まずはこれまでの経緯をイラクリオス家へ報告に行きます。

 

ダムの底から見つかったサッカラの都、勝手に焼いてますしね

やりすぎ姫です。

 

f:id:seashow-kirie:20170114163709j:plain

姫「ワロミル王、エイディルがいました」

イレ「では、イムホキエルダムに現れた一団はエイディルの配下であったか。ワロミル族ではなかったから、気が付かなかった」

姫「エイディルは偽皇帝の都サッカラで何かを探していたようでしたが、それは阻むことが出来ました」

イレ「エイディルはワロミル軍再興のために、そのような邪法にまで手を染めているのか。堕ちたものだな」

姫「エイディルは利用できるものは何でも利用するつもりです。イラクリオス家もお気を付け下さい」

 

やりますね。

「何を手に入れた?」と聞かれたのに、エイディルの名前を出すことで話を逸らしました。

 

とりあえず、最後までエイディルをクソミソに言って、会見は終了です。

 

さあ次に向かいましょう!

次は、、、グラディオン州!・・・では降りていないようです。

ロニクム州から飛んできたようなので、そちらへ向かいます。

 

砦を越えて、姫の故郷 ロニクム州!・・・ここも降りていない。

北のセレナイフ州から飛んできているので、次はそちらへ!

 

気持ち悪い城主のいるパルム城を越え、セレナイフ州に来ました。

 

続きは次回で!!

 

↓私も買った限定盤!残数わずか!!(もう無いときはゴメンネ)

↓イトケンさんのBGMは最高!!

サガ スカーレット グレイス オリジナル・サウンドトラック
ゲーム ミュージック
スクウェア・エニックス (2016-12-21)
売り上げランキング: 346

↓難解な設定を徹底解説!ついに発売!!

 

▼次のプレイ日記へ

kirie1000.hatenablog.com

 

▼前のプレイ日記へ

kirie1000.hatenablog.com

 

結局どこまで行くんだよ!続きが気になったら

ポチ(。・・)σ 

 

★ランキング参加中★

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ

にほんブログ村