読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲマリエ1000

ゲーム/マンガ/切り絵のブログ <ゲ・マ・り絵>

【広告】

MENU

好きな漫画のキャラクターを使って図案を作ってみよう

切り絵のコツ <グループ用カテゴリー>切り絵

f:id:seashow-kirie:20161215142909p:plain

 

久しぶりに「切り絵のコツ」もとい「図案作りのコツ」をご紹介します。

 

このブログをご覧になられている人は、

ほとんどの方がマンガ・アニメ好きな人だと思います。

 

そうなると、いざ切り絵をしようと思ったとき、

やっぱり自分の好きなキャラクターを切りたいですよね?

 

ですよね?

 

 10月はアニメイラストから図案トレースする手順を紹介しました。

 

kirie1000.hatenablog.com

これはこれで王道なんですが、

たまに、ふと、こう思うことはありませんか?

 

「自分でキャラをポージングさせたい」

 

思いますよねえ、でも大半の人は同時にこう思うんです。

 

「絵心ないから無理」

 

はい。そうですね。その気持ちよく分かります。

漫画・アニメが好きなんですから、絵も好きな人も多いはずです。

でも、だからこそ、知っているんですよね。

自分には画力もないし、練習して上手くなろうという気もない、ということを。

 

そんなあなたに、私の必殺技を伝授しましょう。

 

モデルデザインを探す

まずはここから全てが始まります。

 

絵を描くときに一番難しいのは、

ポーズ&バランス

 

人間の体がどう稼動するのかを知らなければ、

キャラにポージングを取らせることなんて出来ません。

 

バランスも同じで、頭の大きさに対して、

体の大きさ、足の長さ、遠近表現、

シロートではさっぱり分からないコツで満載なんです。

 

じゃあ、どうするか!

パクりましょう

 

個人で楽しむんです。

権利がどうとか、細かいことは権利者の方からのクレーム以外受け付けません。

 

たとえば、週刊少年ジャンプで連載中の

ブラッククローバー」の主人公アスタ。

 

↓コミックス版   ↓kindle

 
  

f:id:seashow-kirie:20161215144549p:plain

 

これから、二刀流で元気に戦う彼を格好良くポージングさせます。

あ、この構図ももちろん格好イイんですけどね。

今回は自分で図案を描く練習ですので。

 

WEB検索で[二刀流]で画像検索します。

 

f:id:seashow-kirie:20161215144733p:plain

色々と出てきますね。

この中から、好みのポージングを選んでください。

たとえば、コレ。

 

f:id:seashow-kirie:20161215144831p:plain

 

ざっくりトレースでアタリをとる

前回も紹介したトレース台を使って、

フェイスライン、ボディラインをざっくりトレースします。

 

絵が上手い人は何も見なくてもアタリを取れるのでしょうが、

絵が下手な人はモデルデザインからアタリを取るしかないのです。

 

これをベースに自分が描きたいキャラの顔、服装、武器を描き込むと。。。

 

こんな感じに仕上がります 

f:id:seashow-kirie:20161215145235j:plain

どうですか、このクオリティ。ひどいものです。

モデルデザインを利用させてもらってもこの程度ですよ。

 

しかし、切り絵はここからが本番。

どうせ切っているうちに線はズレるし、場所によっては線が消えます。

というか、それが切り絵の魅力です。

なので、これくらいの精度で十分に図案として成立します。

 

 

タイトルロゴとモチーフデザイン(黒い五つ葉のクローバー)を加えたら、

切り絵の図案が完成です。

 

 

これを切った記事はこちら

 

kirie1000.hatenablog.com

kirie1000.hatenablog.com

 

 

切り絵のテーマ リクエスト募集中♪
ぜひコメントください。

 

ポチ(。・・)σ 

 

★ランキング参加中★

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ

にほんブログ村