読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲマリエ1000

ゲーム/マンガ/切り絵のブログ <ゲ・マ・り絵>

【広告】

MENU

【新連載漫画】デモンズプラン/岡本喜道 @週刊少年ジャンプ51号

新連載漫画 紹介 <グループ用カテゴリー>マンガ

--------------2017.0220 追記-------------

2017年12号 12話打ち切り終了

------------------------------------------------

 

岡本喜道先生

今週発売した週刊少年ジャンプ新連載「デモンズプラン」もうお読みになられましたか?

 

私は、といいますと、身内の不幸やら、子供の風邪やらで、今週はバタバタしていて、先ほど読了したばかり。

 

しかし、これは久しぶりに今後に期待出来る新連載登場です。

 

まずは作者!

 

岡本喜道先生

2013年に「逃がし屋」

でジャンプNEXT!、及び少年ジャンプ本誌デビュー。

2014年に「BRAIN BREAKER -ブレイン・ブレイカー-」で第9回 ジャンプ金未来杯にエントリー。

 

正直、このあたりの読み切りは全然覚えていません。

 

連載作品でも短期で終われば「そんな漫画あったっけねえ」なんて言われてしまう漫画飽食の時代ですので、読み切りなんてそんなものかもしれません。

(余談ですが、この頃の担当の門司さんって、ヒロアカの担当編集やってる人ですね。

ヒロアカのコミックスで名前を拝見したことがあります。)

 

しかし、今回は違う!

 

デモンズプランはそう思わせるパワーのある新連載1回目(巻頭カラー54P)をやってのけたと思います。

 

デモンズプラン 

ざっくりどんな作品かというと・・・

能力バトル×袂を分かった親友

 

ジャンプの王道ですね。

 

---------------------あらすじ---------------------

主人公ボロと親友カルロスは貧しいながらも、二人が笑って暮らせるハッピーエンドを夢見ていた。

 

しかし、二人の夢は富裕層が牛耳る権力者(警察)によって無残にも踏みにじられる。

 

そこに登場するのが「悪魔の設計図(デモンズプラン)」

圧倒的な『欲』を持つ人間を悪魔へ「設計」するアイテム。

 

富裕層が貧困層を虐げ、食い物にする世界を破壊したいというカルロスの「欲」。

カルロスは悪魔の力でボロを「ハッピーエンドの先」へ連れて行くという。

 

しかし、その未来にカルロスの笑顔は無いと感じたボロは、カルロスの破壊を止めるため、彼に殴りかかる。

幼い頃のカルロスとの約束「間違っていたら殴ってでも止める」のために。

 

圧倒的な悪魔の力を前に、自らでは敵わないと知りつつ、それでも親友の未来を「守る」という欲にデモンズプランは反応する。

 

二人目の「選ばれし者」誕生である。

-----------------------------------------------------

 

能力者の大盤振る舞いですが、漫画はこういうものでしょう。

悪魔の実の能力者も、スタンド能力者 も、本来は超激レアですが、主人公の周りには湧きまくるのです。

無限POPです。

 

 

・権力的に腐敗した世界

・親友がライバル

・悪魔の能力

・主人公は熱血系でライバルは知的でクール

 

週刊少年ジャンプの王道要素は十分です。

絵はお世辞にも上手とは言えませんが、勢いと迫力はあります。

 

ジャンプの柱として成長させたい感はブラッククローバーに近いですね。

ストーリーはブラッククローバーが低年齢層(小中学生)狙いだったのに対し、こちらは高校生以上を狙っているような印象を受けます。

 

ジャンプ読者の平均年齢は20代前半と言われていますから、うまく運べば、こちらの方が支持を得るかもしれません。

 

バクマン 曰く新連載は2話目が勝負らしいので次週に期待ですね。

 

今回は新連載漫画の紹介でした。

これもカテゴリーにしちゃおうかな?

 

 

切り絵のテーマ リクエスト募集中♪
ぜひコメントください。

 

ポチ(。・・)σ 

  

★ランキング参加中★

☆現在8位デース。引き続き、応援お待ちしてますっ!!

 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り絵・貼り絵へ

にほんブログ村